テキストを CSS 用にエスケープするオンラインツールを作ってみた

Category : CSS, jQuery

テキストを CSS 用にエスケープするツールを作ったので、一応紹介しておきます。

CSS の content プロパティなどでテキストを書くときなど、そのまま書いてもいいのですが、日本語などの場合は文字コードが面倒くさいのでエスケープした文字列を入れておくと便利だと思っています。
font-family の指定とかに使うこともあるかもしれません。

この辺の話は WebTecNote さんの [css] contentプロパティで挿入できるコンテンツ という記事が分かりやすいです。

で、上記リンク先にも今回作ったものと似たような変換機があって、以前はよく使わせてもらっていたのですが、何と言うか、練習も兼ねて自分で作ってみたいと思ったわけです。
まあ自分なりに使いやすいものができたかと思います。

使い方は上のテキストエリアに好きな文字列を入れるだけです。
あ、改行も変換されますので注意してください。
書いたものが変換されない場合、一旦フォーカスを外すなどして下さい。
それと、多分 IE8 未満では動きません。

とか とか みたいなのでも大丈夫です。
こういう文字は i2Symbol でたくさん見られますので、そういうところで探すといいんじゃないでしょうか。

元は自分用に作ったツールですが、よかったら使ってみてください。
あ、あと、テキストのエンコードなら下の2つがお勧めです!

Trackbacks & Pingbacks

Leave a Reply