近況など

Category : Memo

お久しぶりです。1年半も放置してしまいましたが、その期間にいろいろあったので残しておこうと思います。
日記みたいなものなので、技術的な話はほとんど出てきません。

それと、コメントを承認しないままにしてありますが、投稿されたものは読んでいます。コメントしてくださってありがとうございました。
お返事していないのは申し訳ありません。ただ、そのうちコメント欄は消す予定なのでご了承ください。

2014年2月、前の職場を退職しました。私の問題で退職することになりましたが、たいへんお世話になりました。
ウェブ制作業ではありませんでしたが IT 系企業であったため、ときどきページを作ったりすることはあったので、そういう機会を通じて勉強できたことはとてもありがたいことだったと今でも思っています。

3月くらいだったと思いますが、友人の紹介で面接してもらうことになった大手企業で何を話したか覚えていないくらい緊張したり、不採用だったりしました。
それから1ヶ月は何もせずに毎日野球ばっかり観てました。センバツ、MLB、NPB のループで楽しかったです。
4月上旬、とある通販サイトを運営している会社に面接に行って、個人的には好感触を得ることができて、ここに決まったら就職しようかなというところまで考えていました。前職とちょっとだけ近い内容の商品を扱っていたため、抵抗がなかったのです。

4月中旬ごろ、別の友人の紹介でウェブ制作会社で体験入社、実力テスト、面接をしました。その時飲んでいた薬の影響でひどい眠気と戦っていたことを覚えています。
当時、私は実務経験が全くなかったので正直また不採用だろうなと思っていましたが、ありがたいことにまずはアルバイトからということで採用となりました。
そして、その後にアルバイトから本採用となり、今に至ります。
(通販サイトの方はアルバイト採用が決まった段階でお礼とお断りのメールをしました)

ついこの間、WebGL で有名な @h_doxas さんがブログに書いていたのですが、私も似たような状況・同じ気持ちだったのでとても共感しました。

これは完全に個人的なことなんですが、私自身は、自分にエンジニアとしての実務経験が無いということがずっとコンプレックスになっていました。どうしても、自分はしょせんちょっと頑張ってるだけの「素人」であり、本格的な開発の現場では役に立たないみたいな、そういう感覚が本人のなかにはずっとあったんですね。

お会いする方たちはみんな、当然ながらウェブの doxas としての自分を見ていますから、そんなことないですよって言ってくれていたましたが、これでやっと、私自身が私自身に、納得して自分がエンジニアなのであると言い聞かせられるかなと思っています。まあしかし、それも気分の問題ですしかなり先のことになりそうな気もします。

入社後は様々な案件でフロントエンドの人として主に HTML/CSS 部分をやっていました。特にアニメーション周りはいろいろと学ぶことが多くて、自分の幅が広がったと思います。
ただ、一番最初に入ったプロジェクトでデザインや構成を見て「あ、これ入る会社間違えた。俺ムリだ。終わったらクビだろうな」と思って、その気持ちは完成するまで続きました。
それでも何とかやれたのは、このブログであれこれやってきたからだと思います。もちろん、Twitter で話をしていた方たちとの過去のやりとりも助けになりました。
時にはトラブルがあったりもしましたが、何とか今までやってこれています。まだ1年半ですが、一人でやっていたら絶対覚えなかったであろうものも使えるようになったり、逆に自分の知識が皆の役にたったりと、学んだことは多かったです。JS と PHP も以前よりは書けるようになりました。
いくつかの賞をもらったり、雑誌に名前が載ったときは嬉しかったですね。それを目標にやっているわけではないですが、貰えると嬉しいものです。

話は変わりますが、先日 Back to Basics CSS というイベントで登壇してきました。今までは YokohamaJS でちょこっとしゃべるくらいでイベントには基本的に参加しないようにしてたのですが(理由は前の引用と同じ)、自分が100人という大人数の前で何かを話すことになるとは思っていませんでした。
というより、元は聞きに行きたいという話だったのになぜか登壇する状況になっていた、というのが本当のところです。

結果的にはやってよかったと思っていますが、恐ろしく疲れたので次回は出ないでサポートとかしようと考えています。
それと、聞きに来てくださった方々には感謝しかありません。当日に風邪ひいてひどい話し方してすみませんでした。

今後のことは自分でも分かりませんが、せっかく身につけた技術と知識ですし、それを活かしていければと思います。もちろん新しいものも。

Comments

Leave a Reply